責任あるジュエリー

PANDORAは、責任ある事業の遂行と、高品質で手頃な価格のジュエリーを提供したいという願いは両立すると確信しています。そのため、責任ある方法による「PRODUCT(商品)」の開発と製造、「PEOPLE(人材/従業員)」のための最高の環境の提供、「PLANET(環境/地球)」に対する環境的な影響を最小限に抑える活動に全力で取り組んでいます。

 

商品

当社は、人権と労働者の権利、安全な作業環境、環境への影響に関する倫理規範を遵守すると同時に、公正かつ誠実な事業活動をしている供給業者とのみ取引を行っています。

 

また、責任ある供給業者を育てるプログラムの一環として、すべての供給業者が当社の厳格な要求に応えられるよう、供給業者の訓練と監査、緊密な対話の手配、広範にわたるサポートを実施しています。

 

商品に関する詳細情報を見るには、こちらから。

 

人材

タイにある当社の最新の製造施設は、ジュエリー制作に携わる6,800人以上の従業員に安全な作業環境を提供しています。また、革新的な新しい仕事に従事する機会を提供することも心掛けています。

 

タイの職人には、他社よりも良い賃金と福利厚生を用意しています。福利厚生には、無料の食事、無料のバス送迎、奨学金、図書館サービス、マタニティクラス、臨時休暇、スポーツ活動に加え、数々の社交的なイベントなどが含まれます。

 

PANDORAの販売員には、販売スキルを高め、お客様にPANDORAジュエリーの独自性、品質、品位を正しく伝えるための幅広い訓練を用意しています。PANDORAのチャーム制作を撮影した動画でチャームの旅をたどるには、こちらから。

 

人材/従業員に関する詳細情報を見るには、こちらから

 

地球のために

ジュエリーの製造は環境に影響があることを当社は認識しています。そこで、水とエネルギーの消費を減らすことにより、フットプリントを最小限に抑える取り組みを強力に進めています。さらに、製造過程で出る廃棄物リサイクルにも取り組んでいます。これにより、石こうを煉瓦に、ムラノ・ガラスの破片をタイルに変え、すべてそれぞれの地域の建設部門で使用しています。 

 

環境/地球に関する詳細情報を見るには、こちらから。

 

認定済みの責任

PANDORAが世界各地で運営している事業はすべて、基準の設定と認定を行う機関、責任ある宝飾のための協議会(Responsible Jewellery Council (RJC))の認定を受けています。当社はRJCを通じて他の責任あるジュエリーブランド、団体、市民グループと積極的に関わり合い、採掘から小売りまで、より持続可能なジュエリー業界になるための道を切り開いています。

RJCに関する詳細情報を見るには、こちらから。

 

当社の製造施設は、ISO 14001(環境)、OHSAS 18001(健康と安全性)、ISO 50001(エネルギー)、ISO 9001(品質)の基準に従い、認定を受けています。