SS18_CRAFTMANSHIP_CHOKER_NEW_BG_CMYK copy

レザーとテキスタイル

メタルジュエリーに変わるクールなアイテムとして使われるレザー、およびワックスコーティングをほどこしたファブリックをご紹介します。これらの素材は、Pandoraのデザインにテクスチャーとエッジをプラスします。

情報: 1/4

基準に準拠

Pandoraは、私たちが使用するレザーが国際的な規制を満たすよう、世界各国の最も厳しい基準に沿ってテストをしています。

情報: 2/4

天然の証

色の違いやムラなどは、天然素材であることの証です。 レザーのストリングやブレスレットは、品質は長く保たれますが、チャームを取り付けた場合は特に、徐々に伸びる性質があります。

情報: 3/4

ファブリックコード

耐久性の高いPandoraのファブリックコードは、原材料を世界から調達し、タイの自社工場でジュエリーに仕上げたものです。このコードは、ワックスコーティングをほどこしたコットン100%で作られます。

情報: 4/4

夏にぴったり

軽やかで着け心地の良いファブリックは、さまざまな使い方が可能です。暑い季節には特に、伝統的なメタルジュエリーに変わる快適な選択肢となります。

HIGH_Q2_JUNE_MODEL_CLOSE_UP_07_RGB copy
LeatherNecklace

レザーブレスレットの制作

ブレスレットの制作には、動物の皮をやわらかいレザーに変えるという、いくつもの複雑なステップが関与します。 Pandoraのレザーは、仕上げ工程でさまざまな美しい色に染色されます。

レザーブレスレットを見る

チャームとクリップについて

Pandoraのレザーブレスレットは、ブレスレットのサイズを問わず、付けるチャームを9個までにすることをお勧めします。 スライダースタイルの場合は、最大6個のチャームを取り付けられます。

レザーを大切に!

レザーやテキスタイルで作られたジュエリーのお手入れ方法をご紹介します。

レザー レザーやテキスタイルで作られたジュエリーの日常的なお手入れには、柔らかい乾いたクロスで拭いてください。 汚れが付いた場合は、素材に染みたり乾いたりする前に、化学薬品不使用の専用クリーナー、フレーク状の石鹸、サドルソープなどを使ってすぐに除去してください。 ソープ類はボウルに入れて泡立て、柔らかいリントフリークロスを浸してから、汚れを拭き取ります。 その後、乾いたクロスで水分を拭き取り、レザー用のコンディショナーを塗って保護します。 レザーは直射日光に当てないでください。

テキスタイル 湿らせた白いコットンクロスでやさしく拭きます。 染みが付いた場合は、取れなくなる前にすばやく対処してください。 湿らせた布を使い、決してこすらず、シミの上で円を描くよう滑らせます。この時、染みの外側から中心に向かって動かします。 汚れが取れたら、布用のガード剤を使って保護してください。 ファブリックコードジュエリーは水に浸さないでください。繊維が損傷したり、変色する恐れがあります。 ワックスコーティングをほどこしたコットン素材のジュエリーのクリーニングには、冷たい水とマイルドな石鹸を使い、清潔な布でやさしく汚れを落としてください。

Pandoraジュエリーのお手入れ

大切なPandoraジュエリーが、あなたの魅力にふさわしい輝きをいつまでも保てるように。 愛用のジュエリーを清潔にするお手入れ方法をご紹介します。

詳しく見る
Care set
_L4D2625_New_RING_N21_CMYK copy 2_ImageOverlap