リングのスタイリング


シンプルなスタイルがお好みの方も、ステートメントアイテムが欠かせない方も、お気に入りのリングを使ったフレッシュなスタイリングで、個性を輝かせましょう。異なる組み合わせでアレンジを増やしたり、スタイリングを仕上げる方法を紹介します。

詳しく見る
スタイリングのヒント

リングの重ねづけ

きらめきで表現

しっくりくるリングの組み合わせを選ぶには、あなたの個性を表現するアイテムを選びましょう。 きらめきのスタイルをクリエイティブに組み合わせ、あなたの大胆な一面を示しましょう。 スターリングシルバーのクラウンスタイルとシンプルなバンドリング、トップがティアラ形のウィッシュボーンリングを遊び心たっぷりにミックスしてつけることで、中指に視線を集めます。

ポイントは同じ指の上でリングをどうスタイルするかだけではなく、複数の指で横方向にどう組み合わせるかも重要です。 指をトライアングルフォーメーションでイメージします。一番下には重みのあるアイテムを選び、上にいくにつれてよりライトなアイテムを重ね、フォーカスは中指に置きます。

統一感のあるルックをつくるには、人差し指にスターリングシルバー製のリングをもうひとつつけます。 次に、異なるメタルブレンドのリングでコントラストを添えて、あなたのリングスタイルをグレードアップしましょう。 薬指にPandora Rose製のアイテムを選べば、印象的でオリジナリティのある仕上げを演出することができます。 思いのままに試してみましょう-ポイントはあなたらしい組み合わせを見つけることです。

詳しく見る

個性を表現

視線を集めるリングの重ねづけには、Pandoraのウィッシュボーンリングコレクションをベースにしたグラフィックなルックを選びましょう。 幅広く活躍するこのデザインは、もっともオリジナルなリングスタイルのひとつであり、重ねづけにぴったりのシェイプがポイントです。

スターリングシルバー製のアイテムだけを使って統一感のあるスタイルをつくり、ウィッシュボーンリングを逆向きにつけて印象的な幾何学形状効果を演出しましょう。 薬指からスタートし、逆向きのウィッシュボーンリングをバンドリングと組み合わせて抽象的に仕上げます。 ルックをグレードアップするには、中指に2つのウィッシュボーンリングを組み合わせ、ひとつを逆向きにつけます。 あなたに似合うものでいろいろ試してみましょう。しっくりくる組み合わせをつくるのが目的です。

もっとオリジナルなスタイルをつくるには、ステートメントリングを組み合わせにプラスします。 印象的なリングをバンドリングと組み合わせて薬指につければ、大胆かつ美しいスタイルができます。 華やかすぎると感じたら、中指にナックルリングをつけてエッジをプラスし、全体のトーンを調整しましょう。

詳しく見る

差し色をプラス

カラフルなアクセントの入ったビーズリングのレイヤリングは、スタイルに新鮮味を添えてくれます。 薬指にビーズリングとウィッシュボーンデザインのリングを選べば、重ねづけスタイルをドラマチックに演出することができます。 これは、パーティーの装いにもぴったりの、冒険心あふれるルックの第一歩です。

中指には、異なる色のストーンがあしらわれた2つのビーズスタイルリングを組み合わせ、さらなるインパクトを演出しましょう。 お気に入りのダングルリングを1本取り入れて、コントラストと動きをプラスしましょう。 中指にもうひとつのビーズリングをつけ、意味を込めたマルチカラーの重ねづけでルックを完成させます。

もう片方の手には、あなたらしいスタイルを選びましょう。 同じパターンを左右対称につけてシンメトリカルな仕上げにしたり、異なる色のストーンやリングデザインであなたの個性を演出しましょう。 カラフルなリングの重ねづけの鍵は、あなたの個性を生かすことです。

詳しく見る

ジュエリーのクリーニングの仕方

あなたのジュエリーをお手入れし、お気に入りのアイテムをいつまでも輝かせ続ける方法をステップごとに説明するPandoraのガイドを観ましょう。

WATCH NOW
Clean_endframe

シンプルに実践できるジュエリークリーニング

マイルドなクリーナー、ポリッシュクロス、手が届きにくいスポットをクリーニングするブラシがセットになったPandoraケアキットで、あなたのルックに輝きを取り戻しましょう。 Pandoraの溶液は、あらゆるタイプのメタルジュエリーに使用でき、ストーンやパール、エナメルがあしらわれたアイテムにも安心してご利用いただけます。 唯一の例外はテキスタイル、レザーおよびオキシダイズド加工を施したアイテムです。 

時間の経過とともに、スターリングシルバー製のジュエリーは変色し、黒っぽくなります。 スターリングシルバー製のアイテムのなかにはオキシダイズド加工でルックをつくりあげたものもありますが、それがジュエリーの意図されたスタイルではない場合、黒ずみを落としたいと思うでしょう。 

その場合、アイテムを溶液に2~3分浸します。 小さなブラシを使って埃や汚れを落とします。 きれいな水でアイテムをすすぎ、軽く叩いて乾かします。 これで、アイテムを磨く下準備ができました。 スターリングシルバー製のジュエリーにはポリッシュクロスの白い面を使い、プレーティングメタルのジュエリーにはピンクの面を使うようにしてください。

詳しく見る