シングルマザーのチャネーンとその娘を描いた、Pandoraの『Our Sisterhood(私たちのシスターフッド)』シリーズからのシーン。
四世代

Four Generations

詳しく見る

母から母へ

チャネーンは、ジャスミンとオーシャンという2人の娘を持つ母親です。 予期せぬ妊娠をした彼女は、子育てでの苦難と功績について熱意を込めて語っており、シングルマザーとしての生活の現実的な生の証言をシェアしています。

村中の手助けを要する子育て

子育ての奮闘を介して絆を深めている、同じ一族の四世代の女性たち。 母親と祖母に囲まれて、自分の母親としての体験についてありのままに語るチャネーン(Chaneen)をご覧ください。

Irene_B_V2

監督インタビュー

『Four Generations(四世代)』や他のシスターフッド(女性同士のつながり)をテーマにしたストーリーを手掛けたのは、最新鋭の映画監督イレーヌ・バケ。このシリーズのために、イレーヌはさまざまな年齢、生い立ちそして人生のステージにいる女性たちの日々のの生活への洞察を示し、人生の浮き沈みを乗り越えていくために他の女性に頼れることの重要さを描いています。 「最近は、私自身や周囲の女性たちにインスピレーションとインパクトを与えてくれるストーリーにスポットライトを当てることにとても情熱を感じているの」と語る彼女。 バケは、ストーリーに登場するそれぞれの女性グループをより良く知り、彼女たちを描き出すのに最もふさわしい場所や状況をとらえるために、彼女たちと時間を過ごしました。 「このグループの女性たちひとりひとりの異なる「何か」と、彼女たちを唯一無二の存在にしているシスターフッドを見つけたかったの」と説明します。

大家族の強み

イレーヌ・バケは『Four Generations(四世代)』で、女性たちがお互いを支えながら強さと適応力、自信を与え合うことへの重要なニーズをとらえています。 チャネーン(Chaneen)の母親と祖母は、子育てという彼女の人生における新しいステージで彼女を助け、導くサポートをしています。 それぞれの母親としての経験を通して結束した絆の固いこの家族は、無条件の愛とサポートであふれています。 「お母さんとおばあちゃんからもらったいちばん賢明なアドバイスは、自分を信じ、自分にだってできると信じることよ」とチャネーンは言います。

- 四世代 -

Four Generations

チャネーン(Chaneen)の家族アルバムをご覧ください

「私自身はまだ母親ではないけれど、周囲に出産した女性が増えてくるにつれて、子育ての難しさや、女性の体と生活への影響に気がつくようになったの。 だから、新米ママが必要としているサポートを描きたいと心から感じたの。」-イレーヌ・バケ、映画監督