_L4D2625_New_RING_N21_CMYK copy 2

Pandoraジュエリーのお手入れ

お手持ちのPandoraジュエリーをきれいにするには、Pandora Care Kitをお使いください。 このキットにはお手入れ方法の説明が付属しますが、不明な点がある場合は、クリーニングの前に、お住いの地域の宝飾専門家か最寄りのPandoraストアにご相談ください。

一般的な注意事項

ジュエリーの輝きを保つために、やわらかいポリッシュクロスで頻繁に磨いてください。 ジュエリーの外観を保つために、純正のPandora Care Kitをお使いいただくこともできます。 ポリッシュクロスで傷を除去することはできません。そのため、以下の詳細に従ってジュエリーを保護することが重要です。

注意事項 1/6

個別に保管

ジュエリーは変色防止効果のあるジュエリーボックスやジュエリーポーチに個別に保管し、ざらざらした表面等に触れないようにしてください。

注意事項 2/6

直射日光を避ける

養殖淡水真珠とレザーは、直射日光や強い照明に当てないでください。そのような光に長時間さらされると、色あせが生じます。

注意事項 3/6

ジュエリーの取り扱いは丁寧に

パール、ガラスチャーム、メタルコアの上に全体的にストーンがセットされているチャームは、特に丁寧に取り扱ってください。 床に落としたり、硬い表面にぶつけたりすると破損の恐れがあるため、細心の注意が必要です。

注意事項 4/6

水分から遠ざける

水泳、入浴、その他のスポーツや身体活動の前にはジュエリーをはずし、化粧品、クリーム、香水、ローション等との接触を避けてください。

注意事項 5/6

グリップ効果の低下に注意

一部のクリップチャームに使用されている内蔵シリコングリップは、ブレスレットの上でチャームを思い通りの位置に固定できるようにします。 洗浄液や化学薬品に触れたり、極端な温度差にさらされると、このグリップ効果が損なわれる恐れがあります。

注意事項 6/6

避けるべきこと

銀製品用のクリーナー、液体の研磨剤、超音波洗浄、強力な化学薬品は使用しないでください。

お手入れについて

ジュエリーはスタイリングの最後に身に付けて、取り外すときは一番最初にしましょう。 お手持ちのジュエリーは、年に一度は金細工職人(ゴールドスミス)によるお手入れサービスを受けるようにし、留め具や装着物、はんだ付けの状態に問題がないか確認してもらうと良いでしょう。

アレルギー反応

Pandoraジュエリーは、スターリングシルバー、14Kゴールド、プレーティングをほどこしたPandora独自のメタルブレンドであるPandora RoseおよびPandora Shineなど、質の高い素材から作られています。 Pandoraのシルバーとゴールド合金はニッケルを含まないため、ジュエリーを着用される方がアレルギー反応を経験されることは稀です。 しかしながら、ジュエリーピースの一部には、自然に発生するごく微量のニッケルが含まれる場合があります。 ただし、その量はごく少なく、ニッケルに極めて敏感な方にのみアレルギー反応が見られることがあります。