PAN_CORP17_0024_1116_N21_CMYK copy

ガラス

イタリアのムラノガラスからドイツのライヒェンバッハガラスまで、Pandoraのチャームには最高品質のガラスだけが使われています。いきいきとした色彩を取り入れた、手仕上げのデザインが特徴です。

情報: 1/5

リサイクルガラス

Pandoraが誇る高いリサイクル率は、100%リサイクルされている素材があることで実現しています。例えばガラスは、さまざまなガラス製品にリサイクルされます。

情報: 2/5

ユニークな特徴

Pandoraのガラスチャームは、デザインや色、サイズなどのディテールがそれぞれわずかに異なり、ひとつひとつが唯一無二の存在です。 中には小さなガラスの泡を含むチャームもありますが、それは失敗ではありません。

情報: 3/5

時間と愛情をかけて

シンプルなデザインのガラスチャームを作るには、数ヶ月もの研修が必要です。さらに、より複雑で装飾的なチャームを作れるようになるには最高1年かかります。

情報: 4/5

ラ・ドルチェ・ヴィータ(甘い生活)

ムラーノ島は昔から、色合いと革新的な製法で知られる上質なガラスの生産地として有名です。

情報: 5/5

完璧な融合

Pandoraジュエリーには、イタリアのムラノガラスやドイツのライヒェンバッハガラスを取り入れたデザインがあります。

Pandoraのデザインプロセス

ランプワークという専門技法には、安定した手もとだけでなく、細部にまで行き届く目が求められ、習得までに数ヶ月の研修が必要です。

流れるような魅力

さまざまな泡が入っているガラスチャームは、製造上の欠陥ではなく、むしろ優れたクラフトマンシップの証です。それぞれのガラスをデザインし、手仕事で細やかに仕上げるため、まったく同じチャームは2つとありません。

ガラスの起源

Pandoraのガラスチャームは主に、イタリアのヴェネタ潟に位置するムラーノ島から直接輸入されています。

ガラスを大切に!

ガラスジュエリーは、日常的なお手入れとして、柔らかいリントフリークロスで磨いてください。 ガラスを徹底的にクリーニングする場合は、少量の中性液体洗剤を加えたぬるま湯にやわらかいリントフリークロスを浸し、汚れを拭き取ります。 その後、真水に浸したクロスで拭いてから、柔らかいクロスでジュエリーの水分を拭き取ります。 少量のミネラルオイルを塗ると、最高の輝きが生まれます。

Pandoraジュエリーのお手入れ

大切なPandoraジュエリーが、あなたの魅力にふさわしい輝きをいつまでも保てるように。 愛用のジュエリーを清潔にするお手入れ方法をご紹介します。

詳しく見る
Care set
_L4D2625_New_RING_N21_CMYK copy 2_ImageOverlap