素材

メタル

ゴールドからシルバー、そして14k ゴールドや14k ローズゴールドのプレーティングまで、Pandoraジュエリーに使用しているメタルについてご紹介します。

情報: 1/3

「貴金属」と呼ばれるメタルとは?

貴金属は希少性のある天然素材で、高い価値を備えています。シルバー、ゴールド、パラジウム、プラチナなどがこれにあたります。 自然の状態では柔らかいものが多いため、通常は銅などの硬度を持つ素材を合わせて合金にし、強度と耐久性を高めます。

情報: 2/3

「非貴金属」とは?

ステンレススチール、銅、真鍮、ブロンズなど、母材としても知られる金属です。 これらの素材は、酸化、変色、腐食しやすい傾向がありますが、貴金属よりも硬度が高いことが多く、ゴールドなどの貴金属と合わせて合金が作られます。

情報: 3/3

Pandoraの合金

Pandoraが独自の配合で製造している合金は、貴金属に代わる美しさと強度を持ち、貴金属よりも低価格でご提供できるメリットがあります。

その他のメタル

チタンおよびステンレススチール

Gold_Charm copy

メタルプレーティングとは?

プレーティングとは、母材となる金属の上に薄い金属の層を重ねる加工です。

詳しく見る

ホールマークとは?

ホールマークは品位マークとも呼ばれ、外側のメッキではなく、ジュエリーの中心部に使われているメタルを示し、内部の貴金属の種類を明らかにするものです。

詳しく見る
Hallmarks 2

Pandoraジュエリーのお手入れ

ご愛用中のPandoraジュエリーがいつまでも輝きを保てるよう、 クリーニングとお手入れの方法をご紹介します。

詳しく見る
_L4D2625_New_RING_N21_CMYK copy 2_ImageOverlap